サイトメニュー

歯ぎしりもボトックス

注射を打つ人

歯ぎしりにも

ボトックスは歯ぎしりにも効果はあります。ボトックス注射は筋肉に作用するので、噛む筋肉の咬筋という筋肉にボトックス注射を行うことで、筋肉がゆるくなり歯ぎしりや食いしばりを緩和してくれます。歯ぎしりは実は無意識に多なっている方が多いです。歯ぎしりは自分と同じ体重分の負担がかかると言われていますし、日常的に続くようであれば肩こりを招く恐れもありますし、エラ張りになる可能性もあります。寝ている間にも歯ぎしりを行っているようであれば、歯にも相当な負担がかかります。なので、歯ぎしりに悩む方はボトックス注射を凝り固まった箇所に注射してみてはいかがですか?「顎に注射なんて痛そう」と思っても大丈夫です。ボトックス注射は専用の極細針を使用しているので痛みを感じにくいです。気になる方は局部麻酔や部分麻酔を受けることもできます。効果は1週間程度で表れてきますし、効果も半年ほど持続しますので1度は受けて見る価値があるかと思いますよ!

歯ぎしりを防ぐコツ

歯ぎしりの原因は「ストレス」です。歯ぎしりの原因となるものは1つではありませんが、ストレスで歯ぎしりを引き起こすことがあります。人は無意識に歯ぎしりでストレスを解消していると言われますが、体への負担は少なからずありますから、しっかりその原因を改善していくことが大切ですよ。方て特と顎関節症にもなりますし、いいことはありません。ボトックス注射で緩和できても根本的なことを解決しないと歯ぎしりは治りませんから、普段から意識しておきましょう。歯ぎしりを改善する方法の1つとして「マウスピース」があります。歯への負担が少なくなりますから、今すぐ取り入れられる方法ですよね。マウスピースは歯医者でも作れますし、インターネットでも購入できますよ。ですが、自分に合うマウスピースを購入するためにも、歯医者で作るようにしましょう。その方が保険も適用されますし、安く購入もできます。もう1つの改善方法は、生活習慣の改善です。ストレスを溜め込まない生活を心がけましょう。一番効果的な方法は適度な運動です。好きなことに打ち込むものストレス発散になるかと思いますが、集中しすぎると人はくいsばることがあります。それでは逆効果です。なので適度な運動を取り入れて、ストレスを解消しましょう。動くことで夜もぐっすり眠れるようにもなりますし、一石二鳥ですよね。ボトックス注射で緩和して、ボトックスが持続している期間に歯ぎしり改善って両面からアプローチしていくとより効果が高くなりますので、おすすめです。